山陰~角島
Wed.13.02.2013 Posted in 風景
水仙公園に行ったのが午後3時過ぎだったので楽しんだ後は大急ぎで萩方面に夕陽を撮りに行きました。
萩まで行けずどこか知らないところですが線路が見えたのでここで撮ってみました。
丁度電車も通りいい感じ。

どこかで見たような? あ、千と千尋の神隠しだ。
釜爺が言ってた帰りのない電車!!! それを思い出しながら千尋もカオナシも乗ってるんだなぁ~♪
・・・なんて独り言を言ってると来たぁ~~!!!
電車、来た~。 慌てて撮ったのでSSが遅すぎた!!!小さいからわからなくて良かったなぁww







02_20130212222513.jpg




だるまを期待しましたが残念見れませんでした。
01_20130212222510.jpg





最後は20時頃角島に到着。 こちらは数枚合成してます。
星もあまり見れず納得がいかなかったのでまたいつかリベンジします。
12_20130212222553.jpg




水仙は少ないですけど綺麗に咲いてました。 香りがいいんですよね。
11_20130212222519.jpg





13_20130212222552.jpg





16_20130212222559.jpg





14_20130212222600.jpg





15_20130212222559.jpg

Theme: 風景写真 « 写真

« 福岡カスタムカーショー | Home | 鎌手海岸「水仙公園」 »

comments

michikusaさんへ

こんにちは
こちらにもこめんとありがとうございます。
私は鉄道の事は全くわかりませんが雰囲気の良い場所はしっかり覚えておきたいものです。
またチャンスがあれば訪れたいと思ってます。

この季節、夜の灯台は寒くて長時間は辛いものがありますねww
写真で楽しまれた方が良いと思いますww
今週末はどこに行こうかなぁ。お天気が良いといいですね。

スキーさんへ

こんにちは
あらまぁ~。。。
体調を壊されてたんですね。
インフルエンザもまだまだ猛威をふるってますので気をつけてくださいね。
弱ってる体を狙ってますよ!!!

レーザービームww これスキーさんに教えていただいたソフトで作りましたよww
次回はカメラ内でやってみたいです。

無理して出かけないでくださいね。
また写真楽しみにしてます。

昔、父が国鉄に勤務していた影響もあり、ちょっとだけ鉄子です。^^ゞ
線路とか、鉄橋とか、大好き♪・・あっ、時刻表も・・
角島灯台は、夜行ってみたいなぁ
でも、きっと肉眼で観るより、ここでお写真拝見する方が素敵だろうと思います。^^
水仙と灯台の灯りと星を一緒に撮るなんて、不可能ですもの(>_<)

鉄橋の上の電車イイですね~^^
ほんとに千と千尋の世界のようなところがあるんですね!
行ってみたいな。

灯台ビームはカッコイイ♪
多重露光で撮られたんですか?
手持ちのキヤノンにはない機能なのでコンポジットで挑戦してみないと(^^;

体調不良で2週間以上も撮影どころか家で寝ていました・・・。
週末は久しぶりに撮影に出かけたいです。

いわんさんへ

こんにちは
あらあら1週間なんて!!! 私には無理ですww
いわんさんは鉄道もお好きですものねぇ。
きっと色んな角度から素敵なお写真を撮られることでしょう。

灯台は県内ではここが一番大きいのかなぁ。
観光名所の一つにもなってます。 海が美しいですからね。

一本の葦さんへ

こんにちは
気道車なんですかぁ~。。。
何を見ても私には区別がつきませんがこうして教えていただけると嬉しいです。
ここで撮られてた方がちょっと珍しいんですよと言われてましたが何故かはわかりませんww
黄色で1両だったとだけしか私にはわかりませんでした。残念です。

灯台は多重ですね。
デジカメを使いだすと色んな事がカメラ内で出来るようになりたまには面白いのと思って撮ってます。
フィルムの時はフィルムを戻したり大変でしたね。

青い青い空さんへ

こんにちは
水仙公園きれいでしょう♪
淡路島はそれはそれは比べ物にならないくらい美しいでしょうね。
そちらは規模が違うのでホント羨ましいです。
夕陽と電車。またリベンジしてみたいです。

青いさんの福寿草綺麗でしたね。
春ですねぇ~~♪

これは山陰本線でしょうか。こんなに素晴らしいロケーションがあるなんて。
1週間くらい通ってもいいくらいの場所ですね。いつか撮ってみたいなあ。
灯台の写真もまた神秘的というか。夜の灯台を見たことすらない自分には憧れるような写真です。

絵になる鉄橋ですね。
1枚目の写真、スッキリしてると思ったら、電柱や架線がない。
気動車(ディーゼルカー)ですね。
まさしく千と千尋の世界!
手前の水面の反射が効いてますね。

灯台の写真、面白いですね。
こういうのは初めて見ました。
多重撮影のようなものでしょうか。
この灯台は、よくある白くてツルンとしたものと違い、
壁面に装飾も施されていて、なかなか味わいのある灯台ですね。

v-223 ちっちさん こんにちは
水仙公園 沢山咲いていますね 凄く素敵ですね 水仙と光 素敵です
見たことが無い景色です 淡路島の水仙公園を思い出しました 感じが違います
鉄橋と電車の構図素晴らしいです 夕方の光景が良いです

こんにちは
あの水仙畑も素晴らしかったけどこちらも良い場所なので
是非一緒に楽しんできてほしいです。
今日は寒いですね。奥は雪も降ってるようですよ。

あちこちで梅も咲き始めてるでしょうね。
週末はどこへ行くか今から悩みますねww

ニコさんへ

こんにちは
角島はそちらからだと少し近いので行って見られるといいなぁって思います。
水仙の季節も短いので是非見てそして香りも楽しんできてほしいです。
夜景は人も少ないのでみんなが行くときに便乗された方がいいですよ。

海峡さんへ

こんにちは
この場所って有名だったんですね!!!
電車や夕陽、朝陽の時間を調べて行かないと橋だけになっちゃうので
次回行く時はしっかり調べて行きたいです。

架橋の間から見える鮮やかな夕陽素敵ですね。
しかもその下にススキがいてこんな写真が撮れたらな~
きょうはずいぶん遠方まで、お疲れ様でした。

こんばんは~
私も翌日ですが惣郷鉄橋に寄ってみました。
みちくささんの後で恥ずかしいけれどUPします。。。(*^_^*)

みちくささん^^今晩は♪

わぁ~写真画!作品ですね~素敵っ^^v

夜の角島の風景っていいですね~こんな感じなんだぁ~
トキメキとうっとりです♪

自分の目で見たい~!

trafalgar-lawさんへ

こんばんは
なぁ~~んだww みんなこの場所ご存知なんですねww
確かに鉄道マニアの方が数人いらっしゃいました。
またいつか行ってみたいです。 ちょっとゴミや草が邪魔するので注意ですww

灯台はまだまだABさんのお写真を見ると足元にも及びませんよ。。。
ABさん師匠に色々教えていただきました。
さて、撮れるとよいのですが。あたトライしてみたいです。
lawさんも上手いのでいつかアップされると凹むんだろうなぁww

shimaさんへ

こんばんは
shimaさんもこの場所ご存知だったんですね。
知らないのは我が家だけでしたかww
また行ってみたい場所になりました。
来年は水仙の後によれるといいですね。

灯台ねぇ~~~!!!
だめでしょww ABさんのように撮れなかったので質問メール送って色々教えていただきました。
いつかリベンジです。
shimaさんもまた夜遊びしましょうww

乃木今心さんへ

こんばんは
乃木今心さん場所ご存知だったんですね♪
ありがとうございます。 助かります。
なかなか雰囲気の良い場所なのですが我が家から結構遠いです。
用事がないとなかなか行かない場所なのですが
またいつか赤く焼けた夕陽と一緒に撮ってみたいです。

AKIRAさんへ

こんばんは
この場所は始めて行きましたがなかなか雰囲気も良くいいところでした。
もっと焼けてくれたら言うことなかったのですけどね。。。

角島灯台は男性に大人気ですね。
私もレーザービームに初挑戦しましたがなかなかうまくいかないものです。
もう少し勉強が必要でしたww ABさん習わなくっちゃww

おはようございます。
1枚目は鉄ちゃんには有名な場所ですね、詳しい場所は
知りませんが写真は何度か見たことがありますよ。
夕陽と列車と鉄橋、良い雰囲気、行ってみたいです。

で、角島灯台ビーム、ばっちりじゃないですか~♪
水仙が入ってるのもまた良いですね(^^)
いいなぁ、いつか挑戦したいです。

おはようございます^o^

最初の橋、数年前の夕陽プロジェクトで誰かさん(freemanさん)が夜中に偵察に行ったところですね(笑
先日、須佐から帰る途中で僕も気になってたポイントです~
ちょうど電車も走ってくれてよかったですね!!
暗い時間なのにバッチリ決まっててさすがです。
それと、灯台!!
ABBさんに続いてみちくささんも完全攻略ですね~
光線が決まっててとってもいいですね。
水仙とのコラボはいいなぁ!!
やっぱり居残っていたら良かったです(^^;
しかし、帰りはかなり遅くなったでしょうね。お疲れ様でした~
また機会があればご一緒させて下さいね♪

山陰線の写真

宇田郷ですね。列車と夕陽の有名な撮影ポイントです。
機会を狙っているのですが、なかなか良いタイミングで行けません(涙)

電車の写真、雰囲気好きです。

角島灯台、今度行ってみようかなぁ~という気になってきたぞ~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)